カテゴリー別アーカイブ: イベント

第23回 宇宙開発工学セミナー のお知らせ

第23回 平成28年年8月26日(金) 15:00 – 16:00 筑波大学第3エリアB棟402 室
「H3ロケット用液体ロケットエンジンの開発」
JAXA研究開発部門第四研究ユニット
長尾 直樹 氏

講演要旨

次期基幹ロケットとして開発が進められているH3ロケット用の液体ロケットエンジンの開発について、一般的な内容からやや専門的な内容まで幅広く紹介する。

第22回宇宙開発工学セミナー 開催のお知らせ

第22回宇宙開発工学セミナーを筑波大学宇宙開発工学学域・つくばサイエンスネットワーク共催で開催いたします.

日時:10月24日 (土) 15:00~17:00
場所:吾妻交流センター 4階 大会議室 ( http://goo.gl/6vMOiQ )
(点検による筑波大学エリア一斉停電のため学外で開催いたします)
参加費:無料
参加登録
会場のスペースの関係で,ウェブフォーム( http://goo.gl/forms/LtvPPQl7aR )から登録をお願いいたします.先着順となりますので、お早目のお申し込みをお願いします。
講演題目:「JPLの最新の動向と、組織の仕組み」  (講演要旨
NASAジェット推進研究所(JPL)
小野雅裕 氏 (紹介
講演スケジュール:
15:00 – 15:15 挨拶・お知らせ
15:15 – 16:15 講演:小野雅裕 氏
16:15 – 17:00 Q&A
17:30 – 懇親会(1人4000円程度)
問い合わせ先: 亀田敏弘 (kameda “at” kz.tsukuba.ac.jp)
———————————-

講演要旨

「JPLの最新の動向と、組織の仕組み」
小野雅裕 氏
NASAジェット推進研究所(JPL)
本公演では、まずNASAジェット推進研究所(JPL)のこれからの10年の展望をお話しする。次に、JPLのイノベーションを支える組織の仕組みと、そこで用いられるプロジェクトや研究のマネージメントの方法論を解説する。
NASAジェット推進研究所による次の十年の太陽系探査は野心的なプロジェクトが目白押しである。2020年に打ち上げられる火星ローバーはJPLが提案している火星サンプルリターン計画の一環であり、太古の地球外生命の痕跡を残す土壌のサンプルの取得を目標とする。また、小型のヘリコプターを搭載し、火星の空を飛ぶ構想もある。同じく2020年頃にはエウロパ探査機が打ち上げられる。氷透過レーダーを搭載し、地底の海における生命の居住可能性を調べる予定である。系外惑星探査もアツい。系外惑星の直接撮像を目指し、コロナグラフを搭載した次世代宇宙望遠鏡WFIRSTやStarshadeの技術の検討が進む。
これらのJPLのプロジェクトや研究は、トップダウン形式のビジョンの共有と、ボトムアップ形式のイノベーションの組み合わせで行われる。また、マトリックス・オーガナイゼーションによる組織構成は、人材配置のフレキシビリティーの確保と職員のモチベーション維持に重要な役割を果たしている。これらの仕組みについて講演の後半を用いて概説する。
————————-

小野雅裕氏紹介

小野雅裕氏は、MITで博士課程を修了されたのち、現在はNASAジェット推進研究所(JPL)にて、まさに宇宙分野の最前線で研究開発を行われております。小野さんのMIT留学、NASAでのご経験は、書籍コラムでも発信されています。大変興味深い講演になるかと思いますので、宇宙分野に関心のある方、また留学に関心のある方は、奮ってご参加下さい。

ISTSにブースを出展しました

The 28th International Symposium on Space Technology and Science (ISTS)にブースを出展しました。
会場:沖縄コンベンションセンター
会期:2011/6/5(日)~6/12(日)

パルスデトネーションロケット試験機「とどろき」の展示などを行いました。

The 28th International Symposium on Space Technology and Science (ISTS)

宇宙技術および科学の国際シンポにて 構造エネルギー工学専攻公開開催

システム情報工学研究科構造エネルギー工学専攻・宇宙開発工学学域は、2009年7月5日から10日まで、つくば国際会議場で開催された、第27回宇宙技術および科学の国際シンポジウムの展示会に出展し、専攻公開を開催しました。国内外からシンポジウムに参加した800名の宇宙開発関連の研究者に対し、専攻の教育研究活動を広くアピールしました。また、本シンポジウムでは、筑波大学公認の学生団体STEPによる飛行船操縦体験や、ハイブリッドロケットの打ち上げが行われました。
news-ists-2009
写真左から:構造エネルギー工学専攻公開ブース / 飛行船の無線操縦体験コーナー(協力:筑波大STEP) / 筑波大STEPのハイブリッドロケットフライトデモンストレーション。TX研究学園駅近傍造成地内で実施。到達高度120m。